Blog

WodPressでCanonical URLを設定する方法

2017.04.25 WordPress

WordPressでCanonical URLを出力する方法について。SEO系のプラグインを使えば手軽に設定できますが、今回はWordPressテーマでページの種類ごとに出力したかったのでその方法をメモ。

Canonical属性とは?

正規のURLを検索エンジンに伝えるためのもの。サイト内に重複するページがある場合に、どちらを優先するかを検索エンジンに示す目的で使います。

たとえばウェブサイトを運営していると、下記のように同一のページに複数のURLが存在してしまうことがあります。

  • http://www.○○○○○.com/
  • http://○○○○○.com/
  • http://www.○○○○○.com/index.html
  • http://○○○○○.com/index.html

すると検索エンジンはこれらを別々のページだと判断してしまい、ページの評価が分散しSEO上好ましくありません。それを防ぐため、head要素内にCanonical属性を設定しておきます。

WordPressでページの種類ごとにCanonical URLを出力するソース

<?php
global $page, $paged, $wp_query;
//トップページ
if(is_home()||is_front_page()){
	$canonical_url = home_url();
//カテゴリーページ
}else if (is_category()){
	$canonical_url = get_category_link(get_query_var('cat'));
//固定ページ&投稿
} else if (is_page()||is_single()) {
	$canonical_url = get_permalink();
//検索結果ページ
} else if (is_search()){
	$encode_s_word = urlencode(get_search_query());
	$canonical_url = home_url().'?s='.$encode_s_word;
//タグアーカイブ
} else if(is_tag()){
	$encode_tag = urlencode(single_tag_title( '', false ));
	$canonical_url = home_url().'/archives/tag/'.$encode_tag;
//その他のページ
} else {
	$canonical_url = null;
}
if ($canonical_url == !null) { ?><link rel="canonical" href="<?php echo $canonical_url; ?>" />
<?php }
//表示中のページが分割ページの場合は前後のページへのリンクを出力
if (!$max_page)
	$max_page = $wp_query->max_num_pages;
if (!$paged)
	$paged = 1;
	$nextpage = intval($paged) + 1;
if (!is_singular() && ($nextpage <= $max_page)) { ?>
<link rel="next" href="<?php echo next_posts( $max_page, false ); ?>" />
<?php }
if(!is_singular() && $paged > 1){ ?>
<link rel="prev" href="<?php echo previous_posts( false ); ?>" />
<?php } ?>
参考URL
[Wordpress]canonical(rel="next/prev" 含む)基本設定 – Qiita

Author: 柴田竹思

ベトナムと日本のに拠点生活Webディベロッパー。国内外のSOHO/フリーランスの方のウェブサイト制作から企業の大規模案件まで幅広く携わっています。